So-net無料ブログ作成

190603読んだ本

サイドバーのカレンダーに文字や絵を表現するアイデアを思い付くも毎日更新が目標ゆえ断念(..)
毎日更新をノルマとし読むような気分じゃない日でも何かしら読んで書くよう自分を追い込む^_^;
と「160603読んだ本」に書いてたが、そんな「目標」「ノルマ」なんか知らんなぁC= (-。- ) フゥー
昨日の記事、何故か尻切れ蜻蛉になっちゃってたので、先ほど「追記」をしといた( ̄ヘ ̄)y-゚゚゚

【読んだ本】

杉本苑子『春風秋雨』(文春文庫,2001)所蔵本

本書は苑子タンの「六冊目の随筆集」(「あとがき」)であり、読めば胸にじいんとくる珠玉の一篇
「一緒に無に還りたい」も収録する(;_;) 本書の「暮らしの中のこぼれ話」から「亥年つれづれ草」
「一粒の目」「ひとり旅」「小さな始まり」「猫の死」「心朽ちたり」を読んだ(⌒~⌒) 苑子タンは
短篇小説の名手だと思っているが、これらの随筆も優れた小品かとv( ̄∇ ̄)ニヤッ 「小さな始まり」も
丹波川・多摩川の〈源流〉についての父親の思い出を綴って余情ある一篇だから個人的に好きだけど、
「亥年つれづれ草」からメモっておく(⌒~⌒) 中伊豆湯ヶ島の「いのしし村」の話から始まり、話が
色々と飛んで、亥年の「歴史上の人物」について、ひとくさり論じた後、

    ・・・/そういえば、私の父も明治三十二年生まれの亥年人間だった。気弱できまじめで、
    猪突猛進どころか、おとなしく人のあとからついて行くほうを好む性格だから、歴史に名を
    とどめるどころか、市塵に埋れて一生を終わった猪の一匹にすぎなかった。/むろん酒など
    一滴も飲まないし、飲めもしない。あり合わせの板切れに篆字の章句を彫って、柱掛けに
    仕上げたり、私のためにこつこつ蔵書目録を作ったりするのが、唯一無上の楽しみといった
    人だったのに、その父が亡くなった直後、おそらく小さく新聞に載った死亡記事欄を見たの
    だろう。荻窪のバーのママなる女性がお悔やみの電話をかけてきて、/「お父さまは毎晩、
    店に飲みにいらして、娘自慢をなさっておいででした」/と言う。役所を定刻に出て、
    判で押したように四十分後には帰宅していた父である。「それは人ちがいでしょう」/と
    返事したが、ママさんは信じかねる風で電話を切った。その「杉本苑子のニセ父」は、
    よほど上手に演技していたにちがいない。/亡父の性格からすれば、不快がるにきまっている
    詐称だから、当座、私も不愉快だった。しかし今となれば、有名でもない女流作家の父親に
    なりすまし、作り話でママや相客を煙に巻きながら酒を飲んでいた一人のおじさんの心情を、
    ふと思いやりもする。擬態の仮面をかぶらなければ安心して酔えなかった彼……。
    その屈折の原因は何だったのだろうか。/・・・

・苑子タンの「遺言」を切り刻んだために意味不明な内容となり、天声人語子の文章力が疑われる(-"-)

 ⇒ https://yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2017-06-04
タグ:随筆
コメント(22) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 22

ニッキー

もしかして苑子さんのお父様は定刻で役所を出て
20分ほどその店によって娘自慢をしていたとか( ^ω^ )→ないなw
「ノルマ」、私は毎月RUNのノルマを自分に課してますが
こっそり課せば良いのに鬼コーチに宣言するので
ヒィヒィ言いながらノルマをこなして(こなさせられて)ます(⌒-⌒; )
by ニッキー (2019-06-03 21:39) 

middrinn

この文章からミステリー小説を作りなさい、
という小説教室の課題になりそうですね^_^;
アナタが言ったのよオホホホ( ^^)/~~~~ ピシッ!
と神コーチからビシバシやられちゃうと^_^;
by middrinn (2019-06-03 21:49) 

mirro

描くような気分じゃない日でも何かしらを想い描くよう自分を追い込みます^_^;
但しノルマは課しません(;´∀`)run awayかな?
ふ~む…ふたりの人物がこの空間で交差するのがなんともまぁ☆彡

by mirro (2019-06-03 23:34) 

tai-yama

私もバイクに乗ると、猪突猛進に・・・バックができないとも
言う(笑)。
by tai-yama (2019-06-03 23:57) 

ナベちはる

「切り刻む」と何を言いたかったのかが解らなくなるので、文章は「切り刻む」ほどに切ってはいけないですね…
by ナベちはる (2019-06-04 01:01) 

middrinn

インスピレーションも大事ですけど、キャンパスに向かう
習慣がないと無為に流されちゃいそうなイメージ(@_@;)
mirro様、HAZAMAで交差したというのは如何でしょ(^^)
by middrinn (2019-06-04 05:18) 

middrinn

亥年でしたか(^_^;) バイクで猪突猛進なら、
tai-yama様、地球一周して帰宅でしょ^_^;
by middrinn (2019-06-04 05:19) 

middrinn

ナルホド( ̄◇ ̄;) たしかに、文章を引用する際には、
ナベちはる様、「切り刻」まないよう注意します(^^)
by middrinn (2019-06-04 05:21) 

mimimomo

こんにちは^^
何かに自分を追い込むって、それだけできるから良いですよ。わたくしは追い込む物もなし。適当に自堕落な毎日かな(-。-
杉本苑子さんのお父様ってわたくしの父親と三つしか違わない(@@
それにしては苑子さんとわたくしとはずいぶん違うけれど^^
その位の年代の方(お父上の)で随分しゃれっ気のある方がいたのですね~いや、昔の人の方がそう言う詐称する人多かったかな・・・自分の父親のことを思うとちょっと考えられないけれど。
by mimimomo (2019-06-04 14:04) 

middrinn

苑子タン、2年前の5月31日に亡くなった時、91歳ですから、
mimimomo様より、かなり年上ですよ(@_@;) にしても、
苑子パパになりすましてメリットがあったのかしら(@_@;)
mimimomo様も毎日ブログ更新なんか如何でしょう(^o^)丿
by middrinn (2019-06-04 14:34) 

mirro

middrinnさん
絽か紗のお座布団一枚お差し上げ⤴︎^ - ^
HAZAMAで苑子タンパパ様行ったり来たり
^_^まε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
いやぁーmiddrinn 様に私の拙い文章でHAZAMA空間お忍び
頂き嬉しく思っています(*゚▽゚*)。
by mirro (2019-06-04 19:12) 

middrinn

お座布団を賜わりまして、恐縮恐惶でございますm(__)m
富士山もそうですしモティーフが一貫してる感じ(〃'∇'〃)
by middrinn (2019-06-04 19:19) 

そら

毎日の更新は私には無理だわ(^^;
せいぜい中4日、でも昔はネタを考えるのに苦労したけど
最近は意外とすんなり記事が書ける!
なんででしょうか??
by そら (2019-06-04 19:31) 

middrinn

しかも、今日の「父の時計。」はいい話じゃないですか(〃'∇'〃)
悩みが解決され、精神的に吹っ切れたからなのではないかと(^^)
by middrinn (2019-06-04 20:13) 

ぽ村

仕事で「ノルマ」なんて言葉使われたら、「ロシア語では『平均』って意味ですよね?」と、一悶着起こしてやろうと思ってるヲレ。

いやぁ切り貼りで印象や内容を変えたり隠そうとするって、昔からあったんだなぁ…
by ぽ村 (2019-06-04 20:58) 

middrinn

ぽムタン、一悶着起こす前に、熱は下がったのかしら(;_;)
天声人語なら、文意を変えるつもりなど全くなくて、多分
あれでも上手く要約したつもりなんだと思いますよ(^_^;)
by middrinn (2019-06-04 21:10) 

喜んぶ

>この文章からミステリー小説を作りなさい、
。。のコメントを、ヒステリー小説を作りなさい、、。
、、と読み違えて、クワァ!?天声?かと一瞬思ったりしました。
オホホホ( ^^)/~~~~ ピシッ!←無断コピペ(^^ゞ
by 喜んぶ (2019-06-04 21:38) 

middrinn

ゲロゲロ! ∑( ̄ロ ̄|||)にゃんと!? つい笑っちゃったぞ(ノ_-;)トホホ…
喜んぶ様の顔面にヾ(`◇´)ノ◇ 山田く~ん 座布団1枚ぶつけちゃって!
by middrinn (2019-06-04 21:44) 

nikki

カレンダーに文字や絵をやったことあるけど、
意外とマス数が少なくてできないです。
足の短い鳥居の形に

https://nikki-no-blog.blog.so-net.ne.jp/archive/201705
デザイン上かなりわかりずらいです。
by nikki (2019-06-04 21:51) 

middrinn

たしかに鳥居に見えますよ( ̄◇ ̄;)
凄いですよ、アートですね(〃'∇'〃)
by middrinn (2019-06-04 21:56) 

YURI

>市塵に埋れて一生を終わった猪の一匹
流石の言い回しですね。私も父のことを考えてしまいました。
うちの父はひつじ年で、高齢ながら今も健在ですが。
by YURI (2019-06-05 16:18) 

middrinn

苑子タンの文章、心に染み入ります(^^)
なのに、小生は父の干支を憶えてないし、
6月1日が命日だったような(ノ_-;)トホホ…
by middrinn (2019-06-05 17:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。